人材開発委員会


2019年 人材開発委員会 事業計画(案)

副理事長 石黒 新海

室 長  宮里 洋史

委員長  渡口 慎也

1.委員長所信

地域・住民のニーズの多様化や高度化が進む中、政治・行政だけでは対応が困難となっており、青年会議所が課題解決に取り組む必要性が増えている一方で、当会議所では人的・経済的な基盤が年々脆弱になってきており、思うような活動と成果が出せずにいます。継続的かつ効果的な運動に取り組むために、継続的に資金を集める仕組みを作り、長期的資産となるメンバーの拡大と育成に投資し、組織基盤を強化することが求められています。

まずは、行動には資金が必要であり、活動に関わる資金はメンバー及び私たちの運動に賛同する多くの方々の思いであることをメンバー一人ひとりに知らしめ、継続的に資金を集める仕組みをつくるために、資金が有効に使われているかを積極的に発信しながら一般市民も広く参加できる資金造成事業を開催し、市民の地域社会の発展に貢献する意識と社会的活動を経済的に結び付け島尻青年会議所の財政基盤を強化します。

そして、社会問題を解決しつつ社会に価値を創造する一歩先を行く人材を育成するために、新入会員のみならず、メンバー全員が挑戦する新入会員主催事業を開催し、社会に持続的なインパクトを与えメンバーに新しい時代に必要とされる能力を与える能動的組織を作ります。さらに、アジアでの唯一無二の場所として世界に誇れるMICE施設が島尻エリアで建設され地域のグローバル化が急速に進展することを確認しつつインフラ整備の問題や地域経済への影響を予想し問題を解決するために、住民を巻き込みその必要性や効果を再確認する事業を開催し、南部地域だけでなく沖縄県全体で地域の強みを活かした継続的な発展に繋げます。

先輩からのDNAを受け継ぎ、強固な組織を築き、成長したメンバーが連携し支え合い、豊かな社会資本を活かし、社会情勢と照らし合わせて事業を構築することで、~百折不撓~可能性を秘めたこの地域を愛し、仲間を想い育てていく島尻青年会議所を創造します。

2.事業計画

  • 資金造成事業(ゴルフ)
  • MICE事業
  • 新入会員主催事業